--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/08/21.Thu

猫のお店に向けて

1219244786_1.jpg

●猫の首輪の外れやすさ
どれがベストなのか、いつもあれこれ考えてしまいます。
ガッチリ留められて落としてなくすことがないタイプが良いのか
暴れたり何かに引っ掛けたときに簡単に外れるタイプが良いのか

うちの首輪は、撮影小道具的な扱いのおしゃれ首輪として作っています。
外れやすさははじめ&にぃを基準にしており
万が一、何かに引っ掛けたとき以外にも
猫自身がこんなもんイヤじゃ~と思えば自力で外せる作りになっています。
猫がイヤって思ったときに自分で外せるってのは
猫の立場に立って考えたら悪くないと思うんですが
飼い主さんにとっては、使いものにならないムダな買い物になってしまいますよね。

初めて首輪にチャレンジされる方は
細いリボンなどを猫の首の太さに合わせて巻いて
猫が自力で外せるようにセロハンテープか両面テープで軽く留める(結ばない)
それで1、2日様子を見てから、首輪にチャレンジされることをおすすめします。
どんなタイプの首輪を選ばれるにしても、まずはこれでお試しを。

販売用はもっと市販品に近づけた方が無難なのかと思うこともあるけど
やっぱりそれでは意味がないな。
「うちの猫たちのために作っている首輪」であることを忘れないようにしないと~。


1219244786_2.jpg

●首輪の生地をスキャンしようと思ったが・・・
今使ってる複合機のスキャナは、不思議なくらいに汚くスキャンしてくれます(泣)
う~ん、前に使ってた古い単体スキャナの方がよっぽどキレイ。
なんでこんなに汚いんやろ??(写真2枚目)

同じものをカラーコピーで出すとまぁまぁキレイなので
全スキャンリストをお送りするお約束の方には
データではなく紙でお送りすることになるかもしれません。
紙だと切り抜いて猫の首に巻いて試してもらえるから
案外そっちの方がいいかも。

「猫のお店」のページ、いろいろ更新されています 。
猫の首輪、手芸部活動

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。