--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/08/28.Mon

ウォルサム pHコントロール (療法食)

1156775553_3.jpg

にぃのオシッコを持って行った日に病院でもらった療法食のサンプル
「ウォルサム pHコントロール ドライ(プレーンとフィッシュ)」
今までどんなカリカリでも食いつきがよかったのに
これはどうも口に合わないようで、なかなか食べ進みません。
カリカリの前に一口食べたカルカンのウェット(薬を混ぜている)が美味しすぎて
そっちをもっともらう作戦?それとも療法食ってやっぱりまずいの??

これからは、全然こだわりがないはじめが今までどおりに普通食を食べて
食へのこだわりがあるにぃだけが療法食を食べることになる。
これが逆なら簡単なんやけどなぁ・・・
と思っていたら、2匹とも療法食を食べることになってしまったのです。


1156775553_1.jpg

薬混ぜ用のウェットも「ウォルサム pHコントロール ウェット・パウチタイプ」に変更。
にぃは、ウェットの方は問題なく食べるのに、カリカリはやっぱりいまいち…。
カリカリにウェットを混ぜても1度に食べる量がすごく少ないなぁ。
試しに、大量に残してあったカリカリ+ウェットを手のひらに2、3粒ずつ乗せてやると
おっ、けっこう食べるやん。この調子でこの味に慣れておくれ。

その後、数日でカリカリだけでも食べられるようになりました。
にぃにとってはものすごく食欲をそそる味ではないみたいですけど。


1156775553_2.jpg

一方はじめはというと、最初から何の戸惑いもなくバクバク~っと。
ほんまにこだわりのないやっちゃな~。

<病院で買ったゴハン>
下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)
の猫に給与する目的で特別に調製された食事療法食。
・ウォルサム pHコントロール ドライ
・ウォルサム pHコントロール ウェット・パウチタイプ


にほんブログ村 猫ブログへ←ブログ村猫ブログ ←猫ブログランキング  
◎コメントはひびいろいろ掲示板+猫日記
ごはん、療法食、オシッコの病気、トイレ | Trackback(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。