--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2005/10/01.Sat

猫用首輪について

猫展などのイベントで展示販売させていただいております
「完全室内飼いの猫専用首輪」についての説明です。(2009年1月UP)
長いですが、安全にお使いいただくために、お読みいただければと思います。
店頭でお買い上げ下さった方は、添付の説明書(台紙裏面)を必ず読んでから
ご使用くださいますようお願いいたします。


完全室内飼いの猫専用の首輪です

室内で暮らす猫さんと飼い主さんにおしゃれを楽しんでいただくための
布製、マジックテープ留めの猫専用首輪です。
猫へのやさしさと安全性を重視しながらいろいろ試作をくりかえし
他にはないカタチの首輪が完成しました。

ブログにアップする写真に彩りを添える、撮影小道具としてもおすすめです。
ワンパターンになりがちな家猫写真にちょっとした変化を。
季節やインテリアに合わせての着せ替えを楽しんでみてください。
首輪の着せ替え、一度やりだすとハマりますよ。

・改良 →2008年、マジックテープの面積を少し広げました。
     2009年、ミシンステッチ入りにしました。
         友人宅の猫のためにカチっと留めるバックルタイプも追加。

マジックテープタイプ: 完全室内飼いの猫専用。屋外使用は×。
猫への優しさを重視した安全仕様。

バックルタイプ: 基本的には室内用。屋外使用は△。
(こちらもひっぱると外れる設計ですので、屋外使用に関しておすすめはできません。)

サイズ
幅: 1センチ (全サイズ共通)
長さ: S=13~24センチ(子猫~だいたい4キロ以下)
    M=18~29センチ(3キロくらい~6キロくらい?)

参考に、うちの猫たちのサイズは
にぃ(小柄なメス猫) 3.2キロで21センチくらい  S、Mサイズどちらでも
はじめ(大きなオス猫) 5.4キロで24センチくらい Mサイズ

同じ体重の猫でも、体型、毛のボリュームなどのちがいで
首まわりのサイズにはかなり差があるようです。
よその猫の体重、首のサイズを参考にするよりも
リボンなどを巻いて実測してからご来店、お求めくださることをおすすめします。

ついでにこんな顔写真の切り抜きもお持ちいただくと
首輪選びが何倍も楽しくなりますよ。

迷ったときに2本、3本と選んでいただけるように、がんばってお手ごろ価格に設定しています。
別売りの「鈴+二重カン」も他で購入されるよりもかなりお買い得かと思います。
(ただし、大阪以外のイベントなど、会場によって多少価格が変わることがあります。)



【ご注意いただきたいこと】

屋外では使用しないでください

マジックテープタイプは完全室内飼いの猫専用として作っています。
屋外での使用は避けてください。
落として帰ってくる可能性があるため、泥汚れなどが付くと取れにくいため
猫さんがひとりで散歩に出るときは、この首輪は必ずはずして
別の首輪に付け替えて外に出してあげてください。

バックルタイプの方も基本的には室内用です。屋外使用は△。(おすすめはしません)
ひっぱると外れる設計になっているため落として帰って来る可能性があります。


外れやすさについて

うちの猫が小さい頃、目の粗いカゴ(毛布や枕などを収納)の底から外に飛び出していた
カーテンのフック(洗濯のために外した際に落ちた?)に首輪を引っかけたことがありました。
あのときもしも、外れないタイプの首輪を着けていたら
首が絞まったまま重いカゴの下敷きになるところでした・・・

そんなこともあったため、外れやすさを重視した作りの首輪を作っています。
(ガッチリ外れないタイプの首輪を作る予定はありません。)

うちの首輪を愛用してくださっている猫の飼い主さんによると
首輪が嫌いな猫は、自力で簡単に外すことができるようです。
それを良しとするか、絶対外せない首輪を着けて
ストレスを与えながら慣れさせる(あきらめさせる)か、どちらが良いでしょうか?

また、猫同士で首をつかんで取っ組み合うようなプロレス遊びをしたときや
首周りをバリバリ引っ掻いて、足の爪が首輪に引っかかったときなどに
外れることがあるようです。


※安全性に配慮した作りではありますが、危ない状況になったときに
必ず外れるという保証はありません。
猫の行動パターンにより、外れやすさ、付き具合に差が出ます。ご了承下さい。



ゆるゆるサイズ装着は避けてください

ゆるゆるよりもぴったりめに着けられることをおすすめします。
首輪に慣れていない猫が猿ぐつわ(口輪)になる原因
すぐに外してしまうことの一番の原因は、ゆるゆる着けです。
ぴったりめにつければ、引っかかりにくく、猫も首に違和感を感じにくいようです。

サイズの目安として、指が2、3本入るくらいが普通~少しゆるめ。
首輪に慣れていない猫には、指1、2本から始めてみてください。
子猫の場合は指1本で十分かと思います。
指の太さは人それぞれなので、首を伸ばした状態で頭から抜けないか
胸元をグルーミングしたときにアゴに掛からないかなど
よく確認してあげてください。

ただ、撮影小道具として使う場合は
毛に埋もれないように少しゆるめに着けるのがいいですね。
うちの猫は首輪に慣れているので、普段から少しだけゆるめにしています。

猫が自分で足を引っ掛けて伸ばしてしまったり
滑りの良い生地に発生する可能性がある若干のズレを防止したい場合は
二重になっている部分(バックルの横あたり)に強力な両面テープを挟むと良いそうです。
(首輪をお使いくださっている方から教えていただきました)
また、ベルトループをリングに近いところで留めておくのもズレ防止になります。


首輪初挑戦の飼い主さんは

首輪を購入される前に、まずは猫の首に細いリボンなどを巻いて
猫が首輪を激しく嫌がることがないか試してみてください。
その際、結び目は作らず、セロハンテープや両面テープで留めて
万が一、猿ぐつわ(口輪)になったときに猫が自力で外せる状態にしておきましょう。
首輪をどうしても受け入れられない猫もいます。どうぞ無理強いはされませんように。



トラブルなく首輪をお使いいただくために
どうしても上記のような細かい注意書きをしないといけなくなってしまうんですが・・・
うちのはじめ&にぃと同じように、この首輪がぴったりハマった猫さんの飼い主さんは
いつもイベントのたびにまとめ買いして、首輪の着せ替えを楽しんで下さっています。
ブログなどで首輪を着けてくれている猫さんの写真を見せてもらえると
本当にうれしいです。ありがとうございます。

なお、ネット通販は行っておりません。
イベント参加情報は、ひびいろいろblog他でお知らせさせていただきますので
どうぞよろしくお願いいたします。

長いご案内になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。


スポンサーサイト
猫用首輪のついて
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。